SRC施工

ABOUT

SRC施工について

SRC施工は掘進機の頭出しが出来ないという条件を克服するために開発されました。従来の施工手法では到達箇所への頭出しは議論の余地なく必要とされてきたものです。
しかし、本工法では頭出しが出来ない条件を逆に「施工手法のひとつ」として機材開発に至り、推進掘削、到達部嵌合、簡易山留機能を持った複合型特殊カッターとして「 サポートリングカッター・SRC 」を誕生させました。
これからますます都市部での地下活用が増えると予想され、SRC施工を必要とする現場が多数生まれるものと信じております。

SRC施工のメリット

導水管施工の問題点

大師河原貯留管は新設管であり特にトラブルは避けたい。

SRC施工によりすべてを同時に解決!

最少削孔径での接続により貯留管側への負担を低減し、高水圧下での安全性も確保。

導水管施工の問題点

可燃性(メタン)ガス対策が必要である。

SRC施工によりすべてを同時に解決!

漏水および可燃性ガスの到達部進入を防止、鏡切作業などによる引火の危険性を排除。

導水管施工の問題点

上記を鑑み、高水圧下での安全性を考慮したい。

SRC施工によりすべてを同時に解決!

一連の作業をSRカッター内部で行うことにより、到達側への機材配備を簡略化。

SRC施工 解決事例WORKS

解決事例 – 1

φ1650㎜通常型掘進機

Φ1650㎜SRC搭載型掘進機のカッター

SRC搭載型掘進機は通常型掘進機を改造して製作します

サポートリングカッター搭載機による施工の提案!

外見では幅広のカッターリングが特徴的ですが、構造上もっとも改良を加えたのはギアボックスとカッターシャフト周りになります。

解決事例 – 2

SRC搭載掘進機が貯留管へ直接到達します。
貯留管は内径φ5000㎜、壁厚は500㎜です。

サポートリングカッター(SRC) で直接貯留管外壁(鋼製セグメント+2次覆工)を切込みます。
切込み量は左右で220㎜、上下で50㎜です。
外壁内部にて推進作業を停止するため貯留管側へのメタンガス侵入を防止します。

サポートリングカッター(SRC) は外壁そのものをコア抜きする能力は有りません。
しかし、到達部にて頭出しをしない(させない)ことがSRC施工の最大の特徴であり利点となります。

解決事例 – 3

SRC到達では止水器としてテールストップF(TSF)を使用します。
掘進機胴体に搭載された特殊型止水器です。
TSF展開前は到達嵌合部に対しテールボイドを伝わった泥水圧力が掛かっています。

掘進機の到達時、TSFの展開羽を拡張します。
テールボイド後方からの泥水圧力を受けて拡張し地盤改良体と密着、止水効果を発揮します。
TSFは後方からの圧力が高いほど逆止弁作用で効果を増幅します。

SRCとTSFを組み合わせる手法により坑口設置時のコア抜き径が約2050㎜必要なところ1750㎜にて施工が可能となりました。
頭出しをあえて行わないSRC施工により貯留管への負担を最小限にとどめ、高水圧下による漏水、メタンガス漏洩を完全に防止しました。

ページの先頭へ